腰痛・肩こり・自律神経の悩みに代々木のスペシフィックカイロプラクティック、首(上部頸椎)の調整で快適な毎日を取り戻しましょう。
トップ > 施術の仕方 > 痛みについて

お気軽にお問合せください TEL:03-3379-5535

 

痛みについて

痛みは信号です。それも注意や危険を知らせる信号(注意・危険信号を送る神経作用)です。自律神経は痛みを感じません体性神経はその部位に何らかの
問題が発生している事を知らせてくれいるのです。

 

頭が痛い、首が痛い、肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い、腕が痛い、足が痛いなどを、日常生活の中で感じている方が多いようです。

 
上部頸椎アジャストメントで原因を取り去り、痛みを消し去るのではなく、
消えて行くようにしましょう。
 

痛みの質と量

日常生活の中で痛みを感じることは毎日のようにあります。体をどこかにぶつけたり、目にゴミが入ったり、足を踏まれたり、これらの”痛い”はあって当たり前、なかったら大変な事になります。
 
感覚神経が脳に痛みとともに情報を与え、それを脳が瞬時に情報処理(反応)し運動神経で対処するのです。
 
【体性神経による情報伝達】

 

 

 

 

 

正常でも痛みはつきもの

一過性や瞬時の痛みは、不可欠なもので、生命の維持管理に最も重要な事です。
 

慢性的な痛みは、重大な危険信号

慢性的な痛みは、始末におえないぐらい 明るい人生をまっ暗にしてしまいます。
辛い、苦しい、顔からは笑顔が消え、眉間にシワがより、無表情になり、周囲にも悪いエネルギーをふりまきます。
 

慢性的な痛みはなぜ発せられているのでしょうか。

神経圧迫や深層筋の持続的な過緊張によって発せられているのが一般的です。
慢性的な痛みは自然治癒がむずかしいものです。それは痛みの出る原因が常に存在し、その結果として痛みが発せられているからです。
慢性の痛みは負の循環に移行し、自律神経系の変調を招き、精神的にはうつ状態となり、眠れない、内臓の調子が悪いなどなど 底なし沼にはまって行きます。
 
>> 「症例の紹介」 へ